はじめに

いつもFPオフィス「ライフデザイン」のブログをお読み頂きありがとうございます。今話題の「持続化給付金」の申請のお手伝いをいたしましたのでご紹介します。

持続化給付金の概要

新型コロナウイルスの感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者(法人だけでなく、個人事業主も含む)に対して、事業継続を支えるために給付金が支給されます。詳細は次の通りです。

①対象事業者:資本金10億円以上の大企業を除く、中堅・中小法人、個人事業者が対象
②給付の要件:下記の要件を満たしている必要があります。
・2020年4月1日時点 で、資本金等が10億円未満又は常時使用する従業員数が2,000人以下
・2019年以前から事業収入があり、今後も事業継続意思があること
・2020年1月以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、前年同月比で事業収入が50%以上が50%以上減少した月(対象月)が存在すること
・2019年以前から事業を行っていることが原則。特例として2019年に開業・創業した事業者もOK。
・医療法人、農業法人、NPO法人、学校法人、社会福祉法人など、会社以外の法人についても幅広く対象となっています。
③申請の開始時期・申請方法:申請期間:令和2年5月1日から令和3年1月15日まで
④申請方法:持続化給付金の専用HPからオンラインで申請
⑤支給金額:給付額は最大で、法人:200万円、個人事業者等:100万円(売上の減少分が上限となっています。)

計算例:支給上限の計算方法(個人事業主の場合)
(前年の総売上(事業収入))-(前年同月比▲50%月の売上×12か月)が支給額になりますが、上限があり、法人は200万円、個人事業主は100万円です。

具体的には、今年3月の売上が10万円(昨年の3月売上が23万円)年間売上が300万円の場合。
300万円-10万円×12ヶ月=180万円
給付金額は最大で100(個人事業主)万円なので、このケースだと100万円の給付になります。

⑥申請に必要は書類

◎法人の場合
・法人の基本情報(法人番号や住所・業種など19項目)
・口座情報
・確定申告書別表一(1枚)
・法人事業概況説明書(2枚)
・減収月の事業収入額を示した売上台帳等
・対象となる月の売上台帳など
・通帳の写し
・身分証明書(免許証など)

◎個人事業主の場合
・基本情報(屋号や住所・業種など13項目)
・口座情報
(青色申告の場合)
・確定申告書第一表(1枚)
・所得税青色申告決算書(2枚)
(白色申告の場合)
・確定申告書第一表(1枚)
・減収月の事業収入額を示した売上台帳等
・対象となる月の売上台帳など
・通帳の写し
・身分証明書(免許証など)

具体的なオンライン申請のやり方

お手伝いした方は美容室を経営(自営業)されており、PCの知識はある程度ありましたので、比較的簡単に手続きができました。

電子申請操作ガイド のサイトがありますので、、ある程度知識のある方はご覧になりながら手続きをされると比較的に簡単に申請を完了することができますスマートフォンからでも手続きが出来ますので、わざわざPCを購入する必要はありません。

PCなどお得意でない方もいらっしゃいますので、個人事業主(青色申告)を例に具体的に少し詳しく解説してゆきます。

事前準備をしましょう

☆以下の必要な書類を揃え、確定申告以下の書類はあらかじめPDF化するか画像データ化(写真を撮る)にする。

◎個人事業主の場合
・基本情報(屋号や住所・業種など13項目)
・口座情報(ゆちょ銀行は支店は番号
(青色申告の場合)
・確定申告書第一表(1枚)
・所得税青色申告決算書(2枚)
・減収月の事業収入額を示した売上台帳等
・対象となる月の売上台帳など
・通帳の写し(表面と見開きの面の2種類が必要
・運転免許証(表と裏が必要

☆今回の方は、確定申告書に税務署の受領印がなかったので、納税証明書をもらい、PDF化して準備しました。

☆申請する場合に最初は、仮登録することになり、本登録するURLがメールに送られますので、メールアドレスを準備しておいてください。

実際に申請をしましょう

申請HPの「申請する」をクリックすると「仮登録画面」が出て来ますので、必要な事項とメルアドを記入して申請すると、指定したメルアドにURLが送られてきます。それをクリックして本登録をします。任意のIDとPW(忘れないようにメモすること)入れると、手続きを進めることが出来ます。

途中で操作を誤っても、以下の「申請内容確認(マイページ)」から再度、IDとPWを入力すると申請画面に入れます。(今まで申請した内容などは保存されています

(重要)失敗してもマイページから再度、入ることが出来ますので、決して焦らずに、確実にひとつづつゆっくりと手続きを進めて下さい。

必要事項を記入し、提出すべき書類(PDF化、画像化)を添付してゆきます。最後まで終わるり、確認画面で入力した内容や提出すべき書類が添付されているか確認して、「申請」をクリックすれば申請は終了です。

※今回のお客様では、提出書類のPDF化が出来ていいない書類があったので、途中でPDF化をして頂いました。このような場合は、USBなどに提出書類のPDFや画像を保存しておくと、申請途中でもUSBをPCから引き抜き、そのUSBにPDFを入れて頂くことで、スムースに手続きが終了しました。

まとめ

今話題の「持続化給付金」の申請の仕方についてご紹介しました。申請をスムースに終わらせるには、事前準備がとても大切です。必要書類はあるのか?その書類で正しいのか?書類同士の数字は整合されているのか?添付できるようにPDF化又は画像化されているのか?不足な書類があった際の対応は可能か?などです。

事前準備さえできていれば、比較的スムースに手続きは出来ると思います。

今回の持続化給付金は幅広く活用できますので、売り上げが落ちた事業者などの方は、是非とも持続化給付金を活用して、この難局を乗り越えて頂けるように願っております。

「くらしとお金」のご相談はFPオフィス「ライフデザイン」にお任せ下さい。丁寧にご事情を伺いながら、お客様に合ったプランを提案いたします。まずは電話でお問合せ下さい。090-8435-9380

WEB(Zoom)とメールによるご相談もお受けします。遠隔地の方はもとより、お近くの方でもお客様のお時間の節約のため是非ともご活用ください。

ご相談のお問合せ