働き盛り世代必見・・住宅賃貸・取得のお得な情報!

はじめに

働き盛り世代にとって、リーズナブルな住宅を確保できるかどうかは、死活問題ですよね。住宅を借りる時や、住宅を買う時に知って多くとお得な内容について詳しく解説します。

住宅を借りる時に使えるお得な内容!

子育ての時期だけ広い一戸建(賃貸)に住み、のびのびとした環境で育てたい!と思う方は多いと思います。でも、賃貸料金が高くては手も足も出ません。そこでご紹介したいのが、「JTI賃貸住宅」です。

「JTI賃貸住宅」って・・

JTIは「移住・住みかえ支援機構」のことで、『個人住宅を空き室時も賃料を保証した上で、長期にわたって借上げ。この「マイホーム借上げ制度」により、JTIは売却することなく住宅資産を活用する道を拓きます。』とJTIのHPには説明されています。

一例:神奈川県小田原市
・129,000円/月 5LDK 戸建て
・99,000円/月 3SLDK 戸建て
「JTIホームページ」より

「JTI賃貸住宅」の弱点

一番の弱点は、定期賃貸借契約で期間が3年ということです。期間限定での利用が前提ということで、せっかく広い家で子育てをと思っても3年という短期間で一旦、終了しなければなりません。ただ、更新は可能ですので必ず3年で終了ということは無いのですが、これは大きな弱点ですね。

短期間でもOKの方は是非とも「JTI賃貸住宅」を!

短期間でもOKの方は是非とも「JTI賃貸住宅」を借りてみてください。古い物件が多いですが、内容はかなりお得です。「JTIのHP」⇒「家を借りる」⇒「JTI賃貸住宅情報」(下の方)から入って頂ければ、各都道府県毎の賃貸住宅場を見ることができます。

住宅を購入する時のお得な情報!

住宅取得に親御さんから援助を受けることが多いと思いますが・・
平成33年12月31日までの制度ですが、居用家屋の新築、取得、増改築のために父母などから資金を貰った場合に贈与税が一定額まで非課税になるものです。

適用条件は・・
①所得が2000万円以下・・ほとんどの人が対象ですよね。
②住宅等の床面積の1/2以上が受贈者の住居用・・全部でなくていいようです。
③床面積が50m2以上240m2以下・・あまりに大きい家はダメのようです。
④中古住宅の場合は、取得の日以前20年以内(耐火は25年)に建築したもの。
⑤贈与を受けた年の翌年3月15日までに入居すること・・早めの入居が必要
ということで、多くの方が対象になりそうです。

非課税限度額は・・
消費税8%・・平成28年1月~32年3月
省エネ等住宅・・1,200万円、左記以外の住宅・・700万円
消費税10%・・平成31年4月~32年3月
省エネ等住宅・・3,000万円、左記以外の住宅・・2,500万円

今、制度の概要を見てきましたが、かなりお得な制度ですよね。上では親御さんと書きましたが、直系尊属なので、祖父母も大丈夫です。是非とも利用のご検討を下さい。

まとめ

働き盛り世代にとって、リーズナブルな住宅を確保するためのお得な情報を見て来ました。今後、住宅を借りる時や、住宅を買う時に、是非ともご活用下さい。

家計相談はFPオフィス「ライフデザイン」(横須賀市大津町1-21)
まずは、お電話でお問合せ下さい:090-8435‐9380

ご相談のお問合せ